犯罪症候群

「犯罪症候群」の面白さ

個人的には復讐心に苦しみながらも、復讐を選ばず、犠牲者を二度と出さないように犯罪を追い続けようとするドラマです、謎の多かった登場人物の内面が暴露されていき事件の流れがくっきりと浮かび上がります。

犯罪症候群の面白い所

私は、元々このドラマの原作となった推理小説の大ファンでした。

警視庁捜査課が扱えない特殊な事件を取り扱う部署が舞台となるストーリーは、起こる事件の不穏さも手伝ってミステリー好きにはたまらないものとなっています。

ドラマ「犯罪症候群」は、その世界感を上手く表現することができており、原作ファンの私も大満足することができました。

ドラマを面白くしているのは、何と言っても主要キャストを担う実力派俳優の面々です。主役級の俳優さんたちが何人も集まっているため、画面がとにかく豪華で迫力があります。

登場人物たちは、個人的な復讐の念を抱えて捜査に当たっており、犯罪を追う側でありながら犯罪を犯す側へとシフトしていきます。

その心理がとてもリアルで切実で、見る側の胸に迫りました。洗練されたストーリー展開も魅力的で、大人が見ても十分に楽しめるビターで味わい深いドラマだと思います。

犯罪症候群の是非見て欲しいシーン

「犯罪症候群」で特に印象に残ったのは、本当の黒幕が明らかになるシーンです。

ここにあるのは、単純に犯人が判明したという種明かし的な面白さではなく、復讐が復讐を生むという驚愕の事実です。

これまで謎の多かった登場人物の内面が暴露され、それによって事件の流れがくっきりと浮かび上がります。

そして、これまで見てきたストーリーはほんの序章に過ぎなかったことがわかって衝撃を受けるのです。これまで信頼関係で結びついていたと思われた登場人物たちの真の戦いがここから始まります。

数巻に及ぶ原作を考えれば、ドラマの内容が壮大になるのも無理はありません。

むしろ、ここからドラマ「犯罪症候群」のメインパートに突入するという感じがして興奮が抑えられませんでした。

綿密なプロットが組まれたドラマが好きという方や単純でわかりやすいミステリーに飽きたという方にこそ、「犯罪症候群」をおすすめしたいと思います。

参考サイト:犯罪症候群

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする